皮膚と亀頭粘膜の定義と直接使えるのは早漏防止薬のみ

地球温暖化の影響からか、いわゆる日差しが非常に激しい日が近年増加しました。
そのため男性の中でも、UVカットのクリームを身体に塗って日焼け対策をする人々が現われました。
皮膚に直接塗り込めるのが、クリームや化粧水、ローションの良いところです。
ただし、皮膚に直接使用出来る製品も、デリケートな粘膜には塗れません。
粘膜と皮膚の定義は若干曖昧ですが、例えばくちびるや男性の性器の先端などは粘膜に区分されています。
刺激のあるローションや傷薬、虫除けスプレーなど亀頭粘膜に直接散布するのは危険です。
商品の成分によっては亀頭粘膜に深刻なダメージを与えます。
ローションや化粧水などはオーガニックな印象が強いですが、亀頭粘膜やくちびる等に使用するのはリスキーですので、
必ず製品の説明書をよく読み、NGな部分を避けて日焼けや虫除け対策を進めましょう。
早漏防止を図るため、市販の傷薬などを亀頭粘膜に直に使用する方法が流行っていますが、
メーカーは粘膜部分への利用を認めておらず、最悪ペニスの機能が失われる等のリスクがありますので、無闇に試すのはよくありません。

気になる早漏の定義ですが、医学的に明確な基準は定まっていないのが実情です。
ただし定義が曖昧だからといって早漏という体調不良は確実に存在しており、
早漏防止のお薬や専用のローション等は、医学的な効果を持つ確かな製品になります。
一般的な化粧水や傷薬、虫除けスプレーは亀頭に使えませんが、
翻って早漏防止を薬効に持つ専用の医薬品なら、デリケートな男性器の先端部にも塗り込めます。
亀頭に塗る事で、セックスの快楽を調整してくれるのが早漏防止用のローションやスプレー製品の長所です。
主に海外の医薬品メーカーがそれを製造・販売しており、今ではネットを通じて日本人ユーザーも取り寄せられます。

ページトップへ