早漏防止には脳の暴走をストップさせる治療方法を

ペニスを刺激していて快感を感じるとき、ペニスが気持ちいいと認識しているわけではありません。
ペニスが受けた刺激が脳に伝わって、脳が快感だと認識しているのです。
眠っているときにペニスを刺激されても快感だと認識できないのも同じ理由からです。
早漏に困っている場合、早漏防止のスプレーや軟膏などでペニスの感度を抑える治療方法も効果的ですが、最近の治療方法では経口薬で脳の暴走をストップさせるものが主流となっています。
性欲と興奮が最高潮のときは、普段は早漏体質ではない方も早く射精してしまうことがあります。
SEXをやりたくてたまらない状態ほど、早く射精しやすいのです。

脳の暴走により射精する場合は、早漏防止の経口薬を使用してみましょう。
SEXの1時間前に飲んで、気持ちが落ち着いてきたらSEXを始めましょう。
空腹時に服用すると効きやすいですが、薬効が完全に現れた状態なら食事を摂っても効き目には影響しません。
SEXをする1~2時間前にオナニーをする方法も脳の暴走を止めるために役立ちますが、肝心の性欲が弱くなってSEXをしたいと思わなくなる可能性もあります。
また、射精量が少なくなることで快感も減退してしまいます。
快感を損なわずに早漏防止をしたいなら、早漏防止薬を服用する治療方法がおすすめです。
射精までの時間を引き延ばすことで強い射精感を得ることができます。
男性が気持ちよく射精するためには、5分以上はピストンを続ける必要があるのです。
短時間で射精すると、沢山の精液を睾丸に残した状態で射精するので快感が弱くなります。
早漏防止薬を服用すれば、オナニーで脳の暴走を止める必要がないので、精液が満タンの状態で性行為にのぞんでも大丈夫です。

ページトップへ