早漏防止にはスクイーズ法

早漏とは性行為の際に短い時間で射精してしまう状態で、男性である本人にとっても、パートナーにとっても不満の残る厄介な症状だといえます。性機能障害の一種である早漏ではありますが、EDのように勃起不全に陥っている訳ではなく、妊娠に関してはあまり問題にはなりません。しかし、精神的なダメージが大きいため、早漏の疑いがあるのなら、対策を行うことがベストです。
早漏防止方法として、スクイーズ法と呼ばれるものがあります。スクイーズ法は早漏防止策としては大変優れたものであり、症状に悩む人なら実践したい方法です。
スクイーズ法で早漏防止をするには、最初に射精をする直前まで男性器を刺激します。そのまま射精するのではなく、射精しそうになった瞬間に男性器の亀頭の先を手で押さえつけ、無理やり射精を止めてしまいます。
スクイーズ法を何回か続けているうちに、射精までの時間が長くなってきます。この方法を試した人の実に90%以上が早漏防止に効果があったという結果が出ていますので、信頼できる方法といえるでしょう。
男性一人で行うのではなく、パートナーと一緒に行った方が、さらに効果が高まるとされています。他人の刺激で射精をとめるため、パートナーとの性行為の際に、効果が出やすくなります。
この早漏防止方法であれば、病院で治療を行うことがないですし、道具を使う必要もないため、費用がかかりません。誰でも行いやすい方法ですので、早漏に悩んでいるのなら、スクイーズ法を気長に続けてみるとよいでしょう。
もしスクイーズ法で効果が出ないというのなら、専門の病院で診断をしてもらうことをおすすめします。早漏防止のための薬を処方されたり、精神面のケアをしてくれます。

ページトップへ